続・ここに幸あれ!国分寺市

国分寺市議会議員・幸野おさむ 市政の真実に迫るブログ

国分寺市政を楽しく、面白く、身近に伝えたい、語り合いたい(^_-)-☆ 緊縮政策を転換し、子育て・教育・バリアフリーのまちづくりで魅力あるまちへ

【新しい学校を国分寺市につくろう!第十一小学校建築からの教育・子育て施設マネジメント】

【国分寺市に新しい学校をつくりたい!第十一小学校建築からの教育・子育てマネジメント③】市は出来ない理由や後ろ向きな答弁を繰り返しますが、諦める必要はありません。市の財政状況や、事業の時期を見極めれば可能性はある。

昨年12月市議会の一般質問で・・ 幸野「逆転の発想で、一つの手法として『1つの小学校を造ることによって、各学校の児童数を調整し、各学校施設に一定の余裕をもたらして、様々なニーズに応える』という考え方を検討するべきではないか?」との質問に対する…

【新しい学校を国分寺市につくろう!第十一小学校建築からの教育・子育てマネジメント➁】市議会での論戦で「学区域の変更」対応→「教室棟の建設」へと前進!更に、普通教室以外にも特別支援教室や学童保育所等のニーズに応えるべき!

小学校10校の児童数が2000年度→今年度2018年度までに「約900人」増加する中で、各学校では様々な課題が生じています。 ●「人口減少・少子化」「財政難」を強調する矛盾 しかし、国分寺市の基本姿勢が、市長の施政方針や人口ビジョンで示されているように「人…

【国分寺市に新しい学校をつくりたい!第十一小学校建築からの教育・子育てマネジメント➀】小学校児童数は今後5年間で600人増える見込み。2000年度→2023年度では1500人増加することに。小学校を1つ造ってもおかしくない状況。

最近、市民の方から「新しい学校をつくりたい」という声を伺う機会が増えています。 「新しい学校をつくりたい」動機としては、「映画『みんなの学校』のように不登校や発達に個性がある子も通えるような学校をつくりたい」「著作『学校の当たり前をやめた』…