続・ここに幸あれ!国分寺市

国分寺市議会議員・幸野おさむ 市政の真実に迫るブログ

プロフィール幸野おさむ後援会

国分寺市政を楽しく、面白く、身近に伝えたい、語り合いたい(^_-)-☆ 緊縮政策を転換し、子育て・教育・バリアフリーのまちづくりで魅力あるまちへ

保育園・療育施設の待機児童解消に向けて、ありとあらゆる政策を全力で行うべし!

【保育園・療育施設の待機児童解消に向けて、ありとあらゆる政策を全力で行うべし!④】こどもの発達センター「つくしんぼ」等、療育施設の待機児童対策も同時並行で進めるべし!つくしんぼの民営化は絶対に行うべきではない!

●療育施設の待機児童解消も同時並行で進めるべき 保育園の待機児童対策と同時に、こどもの発達センターつくしんぼ等の療育施設における待機児童の解消や、グループ保育の狭あい改善等も同時並行で進めていく必要があります。 その点で私は・・ ①子どもの発達…

【保育園・療育施設の待機児童解消に向けて、ありとあらゆる政策を全力で行うべし!③】幼稚園との連携強化、旧ひよし保育園跡地の有効活用等、あらゆる政策を展開すべし!待機児童解消の先に、解決しなければならない課題がある!

この間、国分寺市は、待機児童対策として、民間保育園の誘致政策に力を入れています。 しかし、現在の児童数の増加や、共働き家庭の増加に加え、幼児教育・保育の無償化による入所申し込み数の増加等の影響を鑑みると、民間保育園の誘致だけでは不十分だと言…

【保育園・療育施設の待機児童解消に向けて、ありとあらゆる政策を全力で行うべし!➁】未だに、待機児童の解消に逆行する「公立保育園の民営化」を強行している矛盾!定員数は減少し、保育園の開設に不可欠な保育士不足に拍車!政策転換が不可欠!

前号①では、待機児童が増加している原因として、国分寺市の基本姿勢である緊縮・抑制政策が根底にある事を記事にしました。 今号ではその緊縮・抑制政策の極めつけの政策となっている時代錯誤の「公立保育園の民営化」問題について記します。 ●待機児童の解…

【保育園・療育施設の待機児童解消に向けて、ありとあらゆる政策を全力で行うべし!➀】待機児童問題は、もはやそのご家庭だけの問題ではない。人手不足・人材不足を解消する為に必要不可欠!少子化を前提とした児童数推計を根本的に見直すべき!

先日Twitterで発信したように、国分寺市における2019年4月1日時点の待機児童数は、昨年度に比べると減少したものの、依然として厳しい状況が続いています。 待機児童を解消するために、3月市議会において、改めて提起した問題も含めて、記事にしたいと思いま…