続・ここに幸あれ!国分寺市

国分寺市議会議員・幸野おさむ 市政の真実に迫るブログ

7月2日は国分寺市長選挙! 市民の力で市政を変えよう!

【前提条件が崩壊している国分寺市公共施設等総合管理計画=公共施設マネジメントを問う①】子育て施設はじめ、公共施設は不足しているのに「削減・統廃合」を目指す計画は抜本的見直しを!

516日の一般質問では、井澤市長が国分寺市の重要な課題だと主張している「公共施設等マネジメント」=「公共施設等総合管理計画」の問題についても質しました。

※一般質問の動画配信は↓コチラから

www.city.kokubunji.tokyo.jp

 ※「国分寺市公共施設等総合管理計画」は↓コチラから

www.city.kokubunji.tokyo.jp

●前提条件が崩壊している大大大問題の「公共施設等総合管理計画」

公共施設等マネジメントについては、井澤市長の「念頭にあたって」のあいさつや、2017年度の「施政方針」において、市の重要な課題として提起しています。

確かに「施政方針」で述べられているように「計画的かつ効率的効果的に公共施設等の維持・更新を進めていくことが必要」ということについての異論はありません。私自身も、そのために力を尽くしていきたいと考えます。

しかし、後段で述べられている「平成27年度には国分寺市公共施設等総合管理計画』を策定しました。今年度はその具現化に向け、引き続き『公共施設適正再配置計画』及び『個別施設計画』の策定に取り組み、公共施設等マネジメントの一層の推進を図ってまいりますについては、「市民生活を支える」という観点から考えて、大大大問題の内容になっておりますので、到底賛同できるものではありません。

今号からはその中身を中心とした【前提条件が崩壊している国分寺市公共施設等総合管理計画=公共施設等マネジメントを問うシリーズ】を書いていきたいと思います。

f:id:kokosati:20170621112105p:plain

 

何が大問題なのか。20152月に策定された公共施設等マネジメントの大本の計画である「公共施設等総合管理計画」(以下:総合管理計画)の最大の問題点は何か。

それは総合管理計画P14に記載されている「市の公共施設等の維持・更新を考える上での課題」の中ですべての公共施設等の修繕・更新を行うことは難しい状況です(現在の公共施設を、そのままの配置状況で、すべて更新することは不可能です)」としていることです。(※下記資料参照)

※下記資料は「国分寺市公共施設等総合管理計画」P14「市の公共施設等の維持・更新を考える上での課題」より抜粋(赤線は幸野が加筆)

 

そのうえで、総合管理計画P17「基本的考え方2」において「公共施設の更新時においては複合化や多機能化を原則とします」として、公共施設の削減・統廃合を進めようとしていることです。(※下記資料参照)

※下記資料は「国分寺市公共施設等総合管理計画」P17「基本的考え方・戦略と基本目標」より抜粋(赤線は幸野が加筆)

f:id:kokosati:20170621112354p:plain

 

ということで、国分寺市はこの「総合管理計画」によって、現存している「すべての公共施設の維持・更新ができない」ということを強調し、「削減・統廃合することを原則」とすることを掲げたのです。

これはそれぞれの施設を利用されている市民の方々にとって重大な問題であることは言うまでもありません。

しかも、それだけの問題にとどまりません。実はこのことは「現存しているすべての公共施設」の問題だけにとどまらないのです。

児童数や人口の増加等によって、今現在不足して増設が求められている「保育園や学童保育所などの子育て支援施設」、「学校教室・校庭などの学校関係施設」「スポーツ施設」「公園・プレイステーション等」「高齢者施設」「障害者施設」「社会教育施設」「自転車駐輪場」などなど・・についても、計画上現存している「すべての公共施設の維持・更新ができない」としていることが新規の公共施設についても「増やすことができない」という大きな縛りになっています。

学童保育所」「学校の普通教室」などについては、市議会での徹底した論戦によって、一部増設に踏み切らせることが出来ましたが、しかし「増設規模」については、あくまでも「平屋建て」にこだわるなど、極めて抑制的な対応になってしまっています。

したがって、「総合管理計画」は、まさに今後の国分寺市の公共施設全般にわたる、市の対応・方針を決定づける重要な計画になっているのです。

だからこそ、この「総合管理計画」の中身について、全面的に転換・変更させなければならないと考えるのです。

 

●総合管理計画の前提条件は誤算と誤認だらけ

私の一般質問では、この「総合管理計画」の「前提条件」が破たんしているのではないか、という切り口で質問しました。

「総合管理計画」では「公共施設等を取り巻く現状と課題」として、いくつかの「前提条件」をポイントとして挙げています

そのポイントの一つ一つが、どれもこれも誤算と誤認だらけではないかという角度での質問です。

 

※過去の関連する「ここ幸!」記事は↓コチラ

blog.kokosati.com

osamukouno0901.seesaa.net