続・ここに幸あれ!国分寺市

国分寺市議会議員・幸野おさむ 市政の真実に迫るブログ

プロフィール幸野おさむ後援会

国分寺市政を楽しく、面白く、身近に伝えたい、語り合いたい(^_-)-☆ 緊縮政策を転換し、子育て・教育・バリアフリーのまちづくりで魅力あるまちへ

【冒険遊び場・プレイステーションは、「移転前提」ではなく、「増設」する視点で!③】現在地の課題は「課題」として整理し、引き続き残せる道を模索してほしい!その為にも政治的・政策的な判断が必要なのでは。

少し間隔が空いてしまいましたが【冒険遊び場・プレイステーションは、「移転前提」ではなく「増設」する視点で!シリーズ③】を記事にしたいと思います。

f:id:kokosati:20181230125157j:plain

過去2回の連載では、国分寺市には「のびのび遊べる場所が不足」している事「冒険遊び場・プレイステーションが南東地域にしかない」事等を記事にしてきました。

今回は、現在地を残す道はあるのか、125日の一般質問において「可能性があるなら、現在地を残す道を模索してほしい」という、やりとりも行っていますので、その内容についてご報告します。

 

●現在地は地主さんのご厚意でお借りしている土地

現在地のプレイステーションについては、これまで地主さんのご厚意によってお借りしてきた土地です。

のびのび遊べる場所が不足している国分寺市において、長年に渡りご厚意で土地をお貸しいただいている地主さんには、心から感謝しております。

国分寺市議会議員の1人として、改めて、この場をお借りして感謝の意を表したいと思います。

 

●引き続き活用させていただけるかが大事なポイント

一方で引き続き、現在地をお貸しいただけるか、それともその他の方法で、国分寺市に活用させていただけるか、という事についても大事な点になっています。

すなわち、もし仮に地主さんのご意向として、引き続き「冒険遊び場・プレイステーション」として、活用することが許容されるという事であれば、国分寺市自身が「のびのび遊べる場所を増やすためにも、プレイステーション2カ所必要なので、現在地についても存続させよう」政治的・政策的な決断をすることによって、引き続きお借りするか、はたまた購入するか、といった選択肢は出てくるのではないかと考えています。

 

プレイステーションを増設する計画はない」という市の姿勢がネック?

この事に対して、私は125日の市議会・一般質問において・・

幸野「もし現在地を残す可能性が追求できるのであれば、追求してほしい」と質問。

教育部長「現在、プレイステーションについて増設をしていくという計画はもっていない。まずは安定した運営を目指したいと考えている」と答弁。

・・・う〜ん・・この質疑を何度かやりとりさせていただきましたが、可能性があるかないか、という事については答弁していただけませんでした。

一方で、この答弁を聞く限り、やはり地主さんのご意向というよりも、市として「増設する計画を持っていない」事が最大のネックであると考えてしまうのが現状の到達点です。

 

この事以外にも課題がある事は承知していますが、そのことも含めて、もし現在地を手放してしまうとすれば、更にもう一つ別の場所にプレイステーションを設置することは極めて困難な状況になる事でしょう。

私は、移転先とされる新しい場所(東戸倉)にプレイステーションを整備しつつ、現在地についてもプレイステーションを残せる道を模索していきたいと思います。
【冒険遊び場・プレイステーションは、「移転前提」ではなく「増設」する視点で!シリーズ】は、これで終了です。

ご意見、ご質問等ありましたら、ぜひお寄せください。